かなり複雑となっている運送業界の勢力図

トラックの輸送にも、いわゆる貸切輸送であったり、積合せ輸送もあり、引越し輸送もあるのです。
さらに、積合せ輸送にも、一般と特別に分けることができるので、それだけでもかなり多様化しているのです。
これらの輸送分野によって、この業界の成長を支えているとも言えるので、自然と業界の勢力図は複雑になってしまうのです。

近年は国際競争にも積極的に参入

また、近年では国際物流市場にも積極的に参入して競争をしているのです。
国内とはまた違うサービスを展開して、独自の企業成長を目指そうと考えているわけです。
さらに、国内外問わず総合物流市場にも展開を進めており、情報システムでのサポートを行っているのです。

勢力図が複雑になるということは

これだけ勢力図が複雑になるということは、それは競争が激しい現れでもあるのです。
そのため、多くの企業が経営悪化を余儀なくされており、むしろ毎年安定して業績を上げられている企業の方が少数かもしれません。
ただ、それでも運送業界においては、そこまで頻繁に企業の倒産は見られず、そこがまた他の業界とは違う側面があるのです。
経営赤字にはなっても、そこまで多額の資本金を要しないことが、大きな要因かもしれません。