再配達問題を解決へと導く策はあるのか

再配達が起こる要因

宅急便では、当たり前ですが宅配時に受取人がいなければ配達することはできません。
ただ、時間が指定されていない場合、基本的に配達時間はいつになるかは分からないわけです。
当然ですが、多くの人は平日は仕事をしているわけですし、休日でも不在にする人もいるでしょうから、いつ配達されるか分からない以上は、再配達になるのは必然とも言えるのです。

全てが時間指定できるわけではない

それなら、配達をしてもらう時に時間指定をすればいいわけですが、テレビ通販してもネット通販にしても、全てが時間指定できるわけではないのです。
そもそも、自分で注文した場合ならまだしも、他の人が贈り物として宅配するケースも多いわけですから、そうなればどうしようもないわけです。

どうすれば解決できるのか

再配達問題を解決するために、再配達の有料化であったり、再配達を一定回数利用しなければ商品がもらえるなど、いろんな取り組みを政府も行っています。
ただ、それでは正直なところ、根本的な解決にならないでしょう。
他にも、コンビニでの受取を促進したり、専用の受取BOXを全国の配置するなど、いろんな案が出されていますが、都市部ならまだしも地方ではそれも現実的ではありません。

社会全体から変わる必要がある

再配達問題を根本的に解決するためには、社会全体から変わる必要があると言えます。
例えば、有給休暇を積極的に取得できるようになれば、平日でも自宅にいられることは多くなるわけです。
また、残業がそこまでなければ、宅配便の配達時間内までに自宅に帰ることもできるわけです。
これらはほんの一例ですが、社会全体が変わることによって、再配達の問題も少しずつ改善されていくでしょうし、その上でさらなり解決策を見出すことが重要となるのです。