再配達問題を解決へと導く策はあるのか

再配達が起こる要因

宅急便では、当たり前ですが宅配時に受取人がいなければ配達することはできません。
ただ、時間が指定されていない場合、基本的に配達時間はいつになるかは分からないわけです。
当然ですが、多くの人は平日は仕事をしているわけですし、休日でも不在にする人もいるでしょうから、いつ配達されるか分からない以上は、再配達になるのは必然とも言えるのです。

全てが時間指定できるわけではない

それなら、配達をしてもらう時に時間指定をすればいいわけですが、テレビ通販してもネット通販にしても、全てが時間指定できるわけではないのです。
そもそも、自分で注文した場合ならまだしも、他の人が贈り物として宅配するケースも多いわけですから、そうなればどうしようもないわけです。

どうすれば解決できるのか

再配達問題を解決するために、再配達の有料化であったり、再配達を一定回数利用しなければ商品がもらえるなど、いろんな取り組みを政府も行っています。
ただ、それでは正直なところ、根本的な解決にならないでしょう。
他にも、コンビニでの受取を促進したり、専用の受取BOXを全国の配置するなど、いろんな案が出されていますが、都市部ならまだしも地方ではそれも現実的ではありません。

社会全体から変わる必要がある

再配達問題を根本的に解決するためには、社会全体から変わる必要があると言えます。
例えば、有給休暇を積極的に取得できるようになれば、平日でも自宅にいられることは多くなるわけです。
また、残業がそこまでなければ、宅配便の配達時間内までに自宅に帰ることもできるわけです。
これらはほんの一例ですが、社会全体が変わることによって、再配達の問題も少しずつ改善されていくでしょうし、その上でさらなり解決策を見出すことが重要となるのです。

かなり複雑となっている運送業界の勢力図

トラックの輸送にも、いわゆる貸切輸送であったり、積合せ輸送もあり、引越し輸送もあるのです。
さらに、積合せ輸送にも、一般と特別に分けることができるので、それだけでもかなり多様化しているのです。
これらの輸送分野によって、この業界の成長を支えているとも言えるので、自然と業界の勢力図は複雑になってしまうのです。

近年は国際競争にも積極的に参入

また、近年では国際物流市場にも積極的に参入して競争をしているのです。
国内とはまた違うサービスを展開して、独自の企業成長を目指そうと考えているわけです。
さらに、国内外問わず総合物流市場にも展開を進めており、情報システムでのサポートを行っているのです。

勢力図が複雑になるということは

これだけ勢力図が複雑になるということは、それは競争が激しい現れでもあるのです。
そのため、多くの企業が経営悪化を余儀なくされており、むしろ毎年安定して業績を上げられている企業の方が少数かもしれません。
ただ、それでも運送業界においては、そこまで頻繁に企業の倒産は見られず、そこがまた他の業界とは違う側面があるのです。
経営赤字にはなっても、そこまで多額の資本金を要しないことが、大きな要因かもしれません。

運送ドライバーの負担軽減がカギとなるのか

近年は、運送ドライバーの負担もあって、ますます1人あたりの負担は大きくなっています。
睡眠時間もロクに取ることができず、その結果として過労死であったり、あるいは大事故を招いてしまうケースも少なくないのです。
したがって、まずはこの部分から改善をしていかなければ、今後の物流や運送業界に大きな影響を与えてしまうことになりかねないのです。

激しくなりすぎる競争

もちろん資本主義である以上は、企業間の競争は避けることができず、むしろそれがより良いサービスへと繋がるのです。
しかし、過剰な競争は利益第一主義を産んでしまい、その結果として安全面が疎かになってしまい、悲惨な結果を招く可能性もあるのです。
そのため、ある程度の競争は必要になってきますが、過剰にならないほどの規制は必要だと言えるかもしれません。

消費者の意識改革も必要

また、過剰なサービスを要求する消費者が少なくないのも事実です。
それが、ドライバーや企業に大きなプレッシャーとなっており、経営を圧迫する要因になりかねないのです。
そのため、消費者の意識改革も課題解決のためには必要なことだと言えます。

物流や運送業界において、本当に必要なことはなんなのでしょうか?

迅速に荷物を運ぶことなのか、低価格でのサービスを提供することなのか、もちろんそれらも大事な要素かもしれません。
しかし、最も大事なことは、安全かつ確実に荷物を顧客に届けることですから、そのためには何が必要なのか、そこをしっかりと考えていかないといけないのです。

物流はサービス業界を担う重要な部分

物流はとても大事な部分を担う

販売するための商品を作り、それを店舗で販売するにしても、店舗まで商品を運ぶ必要あるわけです。
しかし、まさかそれらの商品を1つ1つ車に乗せて運ぶことなど無理でしょうから、物流業界に委託をして運んでもらうのです。
そういう意味では、物流というのはサービス業界においては、とても大事な部分を担う存在だと言えるのです。

販売する商品だけに限らず

もちろん物流においては、何も販売する商品だけを運んでもらうわけではありません。
会社で使用するための、パソコンやデスクや機械など、いろんな物を運んでもらう必要があるのです。
もちろん、会社を実際に始めてからも、常に必要な物は出てくるでしょうから、その都度運んでもらうことになるわけです。

ビジネス以外でも大事な存在

物流業界は、もちろんビジネス以外でも大事な存在だと言えます。
例えば、災害が起きた時の支援物資を運んだり、公共施設の建設や設備の際に、様々な資材を運ぶのにも大事な役割を果たしているのです。

益々需要は高まっていく

物流業界の需要は、インターネット普及やIT化によって、ますます高まることが予想されます。
より多様化する時代だからこそ、物を運ぶ重要性もより一層高まることになるのです。
もちろん、そうなればよりサービスの方も、多様化に対応できるようになる必要があるわけです。

うなぎ上りで急成長遂げた訳とは!?

当初はここまで成長するとは予想されていなかった

宅配便が始まった最初の頃か、ここまで成長するとは予想されていなかったのです。
現に、宅配便のサービスが開始してもしばらくは、従来の郵便や貨物輸送を利用し続けた人が多かったのです。
しかし、その後はバブル経済の始まりもあって、どんどん宅配業界の需要は高まっていき、今や運輸業界のトップに君臨しているわけです。

利便性の向上が非常に大きい

宅配便の1番のメリットとも言えるのが、やはり利便性の向上でしょう。
どこへ行くこともなく、自宅にいれば荷物を届けてくれるわけですから、これほど便利なサービスはありません。
しかも、翌日に配達してくれるサービスもあるため、迅速性にも非常に優れているのです。
他にも、料金体系も良心的ですし、再配達サービスも行ってくれるので、利用者からしても非常に利用しやすいのです。
それに加えて、インターネットも普及するようになったわけですから、まずます多くの人が利用するようになったわけです。

個人だけでなく企業にも多く利用されている

もちろん宅配便は、個人だけでなく多くの企業でも活用されています。
それこそ、超が付くほどの大手企業でも利用しているわけですから、宅配業界が成長するのもある意味必然だと言えるわけです。

バブル崩壊後の熾烈な運送業界の競争

バブル時代は常にドライバーが不足していた

バブルの時代は、本当に運ぶ積荷の量も多かったですし、常にドライバーが不足する状態だったのです。
その一方で、業者側が運賃を自由に設定できる時代でもあったので、運送業界にとっては大きな利でもあったのです。
そうすれば、それなりの待遇でドライバーを雇用することもでき、ドライバー不足を解消させることもできるのです。

しかしバブルが崩壊したことで、運送業界も熾烈な競争を強いられるようになりました。
常に顧客第一での経営が必須となり、価格競争はもちろんですが、いかに迅速に輸送できるかも大きな競争ポイントになりました。

他の業界とは経済性が異なる

普通に考えれば、不況になれば新規で参入する企業は減少するはずです。
しかしトラックの運送業界では、むしろ不況なのに新規で参入する企業は増える一方なのです。
これを見ても、他の業界とは経済性が全く異なることが分かるのです。

規制緩和が大きな要因

90年代に入ってから、運送業界の規制緩和がされたことで、次々と多くの企業が参入するようになったのです。
特に、営業できる区域が拡大されたり、トラックの最低所持台数も減少され、届出による必要な許可も大幅に緩和されたのです。
そうなれば、企業からすれば非常に事業を展開しやすくなるので、その結果不況になっても新規参入は歯止めがかからなかったのです。

規制緩和によるデメリットが顕に

確かに、規制緩和はメリットも多いのですが、一方で様々なデメリットもあるのです。
残念ながら、トラックの運送業界では、そのデメリットが顕になってしまったのです。